HOME > 対談・真剣勝負 > 第五回 太田宏(フォレスト出版代表取締役) & 長倉顕太(フォレスト出版取締役編集部長)

1分間勉強考
脳科学との出会い
出口  では、今度は僕から質問してもいいですか?
太田  はい、どうぞ。
出口  フォレスト出版は、ベストセラーを次々に出して、いま最も注目されている出版社ですよね。
太田  ありがとうございます
出口  最初に大ベストセラーが生まれたのは、いつぐらいの、どの本からなのですか?
太田  そうですね、やっぱり『あなたの会社が90日で儲かる!』でしょうね。神田昌典さんが1999年12月に出した本なのですが、その当時、神田さんはまだ無名だったのです。
出口  それって、すごいことですよね。有名作家の本を出せば売れるのは当然なのですけれど、無名の人の本をベストセラーにしていくわけですからね。
 その神田昌典先生との出会いのきっかけは、どのようなところからだったのですか? 
太田  飲み会の時、私が友人に「誰か面白い人いないか?」と聞いたら、「変わったビジネスコンサルタントがいるよ」と、紹介されたことがきっかけです。
 彼には変わった点が2つありまして、まず1つは、コンサル料が異様に安いということ。1年間10万円。しかも返金保証付き。顧客にDMを出して反応率がこれまでの200%に達しなかったらばコンサルティング料は返金します、という風変わりなことをしているのです。
 あともう1つ。実は彼は、うちが初めてではなく、1冊目はダイヤモンド社から出していたのです。『小予算で優良顧客をつかむ方法』という古めかしいタイトルの本の、著者プロフィールの下に、「24時間応答電話 ここにお電話してください」と、書いてあるのです。
 「24時間応答電話」、今から11年前の話なのですけれど、すごいシステムを考えるなあと思いまして。
出口  すごい発想ですね。
太田   だから、すぐ電話したんですよ。そうしたら留守電だったんです(笑)。
出口  なるほど、「24時間応答」ですね。
太田  24時間ですよね。ここら辺のペテンが利いているじゃないですか。これは面白い人だと思って。で、全然売れてなかったのを幸いに、早速京王プラザでお会いをして。
 本当に変わっていたんですよ。ウォートン・スクール出身だと聞いていたから、きっと紺のストライプのスーツに真赤なネクタイをして、当時はこれにサスペンダーを着けていると、ちょうどウォール街のファンドマネジャーみたいになるのですが、私はそういう人を想像していたのです。そしたらリュックサック背負ったお兄ちゃんがやってきた。それが神田さんだったのです。
 話がすごく面白かったのを今でも覚えていますね。
出口  本を出した時、「これは売れる」という予感はありましたか?
太田  全然。
出口  全然無かったのですか?
太田  全然ですよ。ただ、時代が求めていましたね。1999年ですからね。
 当時の日本の状況は、89年末に、大納会で株式バブルがはじけて以来、「失われた10年」と呼ばれている、まさにそんな時代でしたからね。
出口  まさに99年ですね。
太田  そこでようやく、「良い物を作れば売れる」という時代から、「良い物を作るだけではダメだ、どうすれば売れるのかを自ら考えないと売れない時代なのだ」ということが、全面的に世の中で語られるようになった。だから社会があの本を受け入れたのだと思うのです。早過ぎたら、多分売れなかったと思いますね。
50歳でも使える『奇跡の記憶術』
出口  その頃、長倉さんは、フォレスト出版にいらっしゃったのですか?
太田  まだいない。多分、アメリカで博打を……。あ、ポーカーやってたよね。
長倉  あの時代のことは……。
出口  フォレスト出版に入社される前は、アメリカに?
長倉   いや、ちょっと別のところにいまして。業界誌の記者みたいなことをやっていたのですが、本当にフォレスト出版に入ってからは変わりましたね、人生が
出口  フォレスト出版には、どういう経緯で入社されたのですか?
長倉  いや、新聞の求人見て応募して、そうしたら拾ってもらえたっていう感じですね。その当時は、本当に何も知らなかったんです。
出口  長倉さんの採用は、太田社長が直接決められたんですか?
太田  確かそうでしたね。
出口  入社された頃のイメージと今ではだいぶ違いますか?
太田  基本、変わってないです。
出口  じゃ、最初から今の長倉さんだったわけですか。
太田  目つきが良くなりましたよね(笑)。
 長倉が最初に担当した本ができた時に、「お祝いだ」って言って、二人で六本木のクラブに飲みに行ったんです。忘れもしませんけれども、そこのクラブのお姉さんから「長倉さん、髪の毛濃いからもっと軽くしたほうがいいよ」って言われましてね、「どうしたら軽くなるんですか?」って彼が聞いたら、「染めちゃえばいいのよ」って言われたんだよね。で、彼が私に「染めていいっすか?」って言うから、「いいんじゃない」って言ったら、翌日染めてきたんだよな。
出口  フォレスト出版の社員の皆さんを見ていると、確かに髪型や服装が非常に自由ですよね。これは太田社長のお考えなのですか? 
太田  いや、本当はみんな坊主にしたかったんですけれども(笑)、そうするとみんな辞めちゃうから、そこはこだわらないほうがいいかなあと。
 毎日機嫌よく働ければ、それでいいんじゃないかと思っているんですよ、そこは。その他が全部厳しいですから。
出口  自由な社風も、フォレストの良さの1つなのでしょうね。