HOME> BOOKS >出口汪のわかりやすくて力がつく現代文

出口汪のわかりやすくて力がつく現代文
出口汪のわかりやすくて力がつく現代文
 

出口汪には数多くの顔があります。予備校講師、参考書執筆者、出版社社長、ビジネス書執筆者、作家、文学研究者、出口王仁三郎研究者……。しかしその多彩な活動の中でも白眉は、空前絶後の言語トレーニングプログラム“論理エンジン”を、たった一人で構想から開発までを行い、実現したことでしょう。
論理エンジンは数多くの教育現場で使用され、実績を上げかつ支持を得ています。それのみならず、幼児から大人までのための教育書、教材の根幹をなすコンセプトとして、論理エンジンは教育界の大潮流を形成しつつあります。


本書は受験界に革命を起こしたと言われる出口現代文の精髄を、高校在学中の読者にも無理なく吸収消化できるよう、解説に細心の配慮を用いて編集しました。それに加えて、論理エンジンのシステム性が、明確で平易な日本語運用力を読者に付与します。
これらによって、大学入試センター試験の現代文問題でじゅうぶん満点をねらえるところまで、無理なく読者を導いてくれます。


読者はまず例題に取り組んで受験問題を体験し、それから出口先生の解説を読むだけ。これだけなのに、まるで推理小説を読むようなドキドキワクワク感のまま、難しかった受験問題が簡単に解けてしまう、驚きの世界に引き込まれていきます。これが伝説の“驚異の現代文”なのです。ぜひ体験してみてください。難しくてわかりにくい受験の問題文を読むことが、恐ろしくも苦痛でもなくなっている自分を発見することでしょう。

購入はこちら



「編集者のつぶやき」

小学館  堀井 寧

幼児からお年寄りまで、すべての日本語を母語とする人の言語力を確かなものにするために、論理エンジンは作られています。

今回の「出口汪のわかりやすくて力がつく現代文」の表紙は大きな樹木と動物がモチーフになっています。これは茂った葉が言葉を、筋道に分かれた枝が論理を、それらに囲まれて暮らす小動物が、私たちを表しています。

弊社の「出口汪の新日本語トレーニング」も同じ樹木の、こちらは6巻で成長をモチーフにした表紙になっています。この「樹木」の表紙は、考え方がいっしょで、内容的にも連続性が確かにあるということを示しています。

大学受験問題はまだちょっと……という方は、この「新日本語トレーニング」から始めてみてください。小学校中学年から取り組める内容で、日本の名作文学を楽しみながら、論理エンジンの考え方に親しむことができます。